神戸市中央区 みなと元町内科クリニック
TEL078-371-8026
電話受付時間(月~金) 9:30~11:30
(月火木金)14:00~16:30
(水)13:00~16:30
あなたが今飲んでいる生活習慣病の薬は
必要ないかもしれません。
気になる方は専門家がいる当院まで
ご相談ください。
未病/ストレス専門Dr. 笠木のブログ

« Prev1...34567...16Next »

2021/07/27
スマートパルスは誰でも簡単に精神的・身体的ストレスの情報、自律神経のバランス、血管の健康状態を測定できるように開発され、特許を得た機器です。重さはわずか50g、手のひらに収まるコンパクトなサイズなので... 続きを読む
2021/07/26
 赤ニキビは、ストレスによる食べすぎ、飲みすぎにより、過剰な熱や湿気が体内にこもり、白ニキビが赤く化膿しやすくなっている状態です。体を温める、あるいはそういったものを食べると悪化します。体を冷やす... 続きを読む
2021/07/25
ストレスでホルモンバランスが変化するとき、男性ホルモンが増える時、あるいは食べ過ぎ飲みすぎで体内の熱と湿気がこもるとにきびができやすくなります。そういった経験をされた方も多いのではないでしょうか? 続きを読む
2021/07/24
肌荒れはどうして起こるのでしょうか?肌荒れは、肌のバリア機能が低下した状態です。肌細胞も新陳代謝をしています。その新陳代謝が遅いと、古い古い角質がはがれ落ちずに残ってしまい、新しい肌が表面に出てこ... 続きを読む
2021/07/23
 肌のシミと一言でいってもたくさんの種類があります。一つは紫外線の積み重ねでできたのが「老年性色素斑」と呼ばれるもので、30歳前後から徐々に濃い黒色になり、境界も明瞭になるシミで日光の暴露部位に増えて... 続きを読む
2021/07/22
 ストレスを感じると最初に起こるのが交感神経の興奮による筋肉の硬直です。この硬直があるからスポーツ選手は自らの運動能力を発揮できます。しかしその状態が長く続くと、筋肉内を走っている血管が筋肉の収縮... 続きを読む
2021/07/21
オキシトシンは、抗ストレス作用、摂食抑制作用をもつホルモンとして知られています。また、オキシトシンは、母と子の愛情や、社会での集団生活の中で人間関係を築いていく社会的行動にも関与しているということ... 続きを読む
2021/07/20
メラトニンは、「睡眠ホルモン」とも呼ばれます。体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があるのを特徴とするホルモンです。朝起きると日光を浴びると思います。その際に、... 続きを読む
2021/07/19
 セロトニンは、精神面に影響を与える神経伝達物質です。セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れ、暴力的になったり、うつ病を発症する原因ともなります。また、ストレスがかかる状態ではセロトニンは不足... 続きを読む

« Prev1...34567...16Next »