神戸市中央区 みなと元町内科クリニック
TEL078-371-8026
電話受付時間(月~金) 9:30~11:30
(月火木金)14:00~16:30
(水)13:00~16:30
あなたが今飲んでいる生活習慣病の薬は
必要ないかもしれません。
気になる方は専門家がいる当院まで
ご相談ください。
未病/ストレス専門Dr. 笠木のブログ
ストレスからくる葛藤にはどのようなものがあるのか?
2021/08/20
 行動した方がいいとはわかってはいるが、実際に行動には起こさない時というのは、葛藤が生じている可能性が非常に高いです。葛藤は行動した方がいいという「理想」と行動しない、できないという「現実」の乖離が起きて起こります。
 そこにはどんな葛藤が起こっているのでしょう?お金がないから○○できない、時間がないから○○できない、、どうせ自分にはできないから○○できない、(以下○○できないは省略)迷惑をかけたくないから、劣等感を感じたくないから、自分を信じられないから、しなくても問題が起こらないから、今のままでも十分だと思うから、めんどくさいから、失敗が怖いから、本当にやりたいことかわからないから、人にどう思われるかが気になるから、○○のせいで、不安に耐えられないからなどたくさんあります。
 葛藤が生まれる時には人は”行動することへの怖れ”を感じます。その怖れを、自分が行動しないことを正当化できる理由にすることが無意識に行われます。葛藤を起こすなというわけではありませんが、葛藤を起こしている間は行動しなくて済みます。意識下では、行動することで問題解決したい時にでも、無意識下では、葛藤を利用して行動を阻むというわけです。ですから○○だから○○できないといい続ける限りはこういった葛藤は永遠に続きます。